山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:シマエナガ( 1 )

区切りとして

今日は節分ですね。
調べてみると節分は本来は年に4回あるそうです。
立春、立夏、立秋、立冬の前日を節分と言うそうです。
と言うことは明日が立春なのかな。
自然界では既にひばりが囀り、シジュウカラが囀り、モズが
そわそわしており春の気配です。
昨年末の道東旅行シリーズの大トリの鳥は、最近脚光を
浴びているシマエナガです。
気を付けて探すと、結構そこらじゅうに居るようで
今回も数か所で出会いました。
奈良で見られるエナガの亜種と言うことで、生態も鳴き声も
同じで、ジュリジュリと鳴きながら忙しなく動くので
撮影は大変です。
a0143780_11252196.jpg
あまりエナガを真剣に撮影したことは無かったのですが
シマエナガ、改めてジックリと撮りたいと思いました。
 鳥に興味のない人でもこの子を見たら間違いなく
かわいーーーーい!って言うのでしょうね。
確かにかわいい。
正面顔を撮りたいのですが、これがまたむずかしい!
何とか撮れたのがこれです。
 この時の気温が早朝で氷点下23℃だったかなー。
寒ければ寒いほどモコモコになるので可愛さが増しますね。
山鵜が更にモコモコになると、暑苦しいと言われるだけですが。
a0143780_11255473.jpg
と言うことで、年末の道東旅行編は閉幕です。
今年の年末はカレンダーを見る限りでは行けないかな。
たぶん。いや、やっぱり行っているかも、です。
 今回登場しなかったタンチョウにはまた改めて機会を
考えましょう。
 

by yamau-f | 2017-02-03 21:26 | シマエナガ | Comments(4)