山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ノスリ( 5 )

バレンタインデー・・・

先日はバレンタインデーでしたね。
山鵜がこの日を知ったのは、小学生だった数十年前ですから
節分の恵方巻きとやらとは比較にならない歴史があります。
散髪屋さんのお姉さんに「バレンタインって知ってる?」と聞かれ
阪神のバレンタイン選手ですか?と答えた時でした。
あの頃は初だったなー
 我が家では未だに山鵜女 山鵜娘 からチョコレートのプレゼントがあります。
幸せそうなシーンが目に浮かびますね!
最近のチョコレートは宝石が入ってそうな高価そうな箱に
読めない文字(どうやらフランス語のようです)のお店の名前・・・
中のチョコは湿った感じの・・・・(生チョコと言うらしい)。
で、プレゼントをしてもらい嬉しそうに箱を開けるところまでが山鵜の
儀式のようです。
箱が開くと、待ってましたと言わんばかりに餌付けをされた小鳥のように・・・
後には高価な箱だけ!
毎年のことです。
一ヵ月後には箱を開けさせてもらったお返しのホワイトデー  何か違うような?

ホワイトついでに白さの目立つノスリ君の登場です。
どのようなシーンで撮っても凛々しさが出せませんねー
a0143780_929949.jpg
a0143780_9293789.jpg

クマタカを意識したのですが
a0143780_9303081.jpg

by yamau-f | 2012-02-16 21:12 | ノスリ | Comments(4)

冬の定番

夏場に全く会えないわけでは有りませんが、
やはりこの子に会うのはこの時期が旬ですね。
冬の定番です。
a0143780_7161891.jpg

あまり猛禽らしさである鋭さや獰猛さを見せることは無く
穏やかなイメージが強い鳥さんですが、
時には鳩や小鳥を襲撃する場面に出会うこともあります。
a0143780_7211490.jpg

旬のものなので今年も登場です。
a0143780_725431.jpg

by yamau-f | 2011-12-25 07:25 | ノスリ | Comments(0)

今年は縁がある!

例年ノスリには結構見る機会はあるのですが、会える機会はありませんでした。
ところが今年は結構会える機会があって、お気に入りの写真を撮らせてくれます。
a0143780_845315.jpg

この子は猛禽と言われる割には猛禽らしいシーンに出くわしたことがありません。
a0143780_847564.jpg

a0143780_8473591.jpg

特に正面からの顔をカワイイと見るか、凛々しいと見るか、意見の分かれるところです。
a0143780_8492510.jpg

今シーズン、今後もこの子の登場は度々ありそうです。
a0143780_8503993.jpg

今年は縁がありそう!そう言う年にはとにかく沢山撮らせて貰う、これ鉄則です(笑)
by yamau-f | 2010-12-05 08:53 | ノスリ | Comments(8)

電線とまり今昔

昔は電線にはスズメが3羽と決まっていたように思いますが、時代の流れと共に
電線とまりの野鳥の姿も大きく変貌してきました(意味不明)
 皆さん基本的には大差なく電線とまりの写真はあまり好まれません。
山鵜もそうなんですが、ここにしか止まってくれなければ仕方ないですよね。
a0143780_2325056.jpg

こういうピントバッチリの写真は滅多にないんですが、味気ない電線どまり シーンその1
a0143780_232612100.jpg
a0143780_23262865.jpg

このコチョウゲンポウはネグラに帰る前に必ず此処にやってきて、暫くマッタリとするのが
日課です。
 お気に入りと見えて、前後左右真下 全てのアングルからモデルになってくれます。
そうそう!IXY30S SSも連写も前の機種より早くなったので、特にこう言うとまり物
を写すと枚数がとんでもなく増えます(汗)メモリーも処理も大変です!
シーンその2
a0143780_23293688.jpg

一番良く出会うのはチョウゲンポウのとまり物。 シーン3
暇つぶしには電線どまりも貴重なシャターチャンスです。
by yamau-f | 2010-11-28 23:36 | ノスリ | Comments(8)

ノスリ大好き!

今の時期は猛禽の観察にはベスト、と言うこともあってフィールドでは様々な猛禽に出会えるシーズンです。
所謂”トビ物”はトビくらいしか山鵜のターゲットにはならず、ノスリも未だに大きく撮ることは出来ていませんでした。
a0143780_21344759.jpg

結構そばの低木に止まっていたようですが、山鵜の姿に驚いて飛び立ちました。
この時も、他に違わず、カラスの執拗なモビングに会っていました。
a0143780_21371114.jpg

良く見るカラスのアタック姿ですが、見ているこちらがイライラする位ですから、当のノスリにしてみれば
相当なストレスが溜まっていたのでは?と感じました。
こうやって見てみると、カラスのトビ物写真は相当手強そうですね(笑)
a0143780_2139493.jpg

aosagiさんのブログにもありましたが、猛禽と言うカテゴリーに入れるにはチョット物足りない猛禽
ですねー。特に杭に止まったこの姿は、パッとしません。この写真を見て気が付きましたが、
ノスリの尾は結構短く、”チンチクリン”と言った感じです。
a0143780_21422598.jpg

日の入り間際bにやってきたこのノスリは、明らかに山鵜がターゲットのようでした!
写真でも分かるように、目線が完全にこちらを向いています。
a0143780_21441984.jpg

トビ以外の猛禽で、これほどゆっくりと撮らせてくれたのはノスリが初めてです。
一気にノスリ大好き!になってしまいました。おまけに、夕日に映える赤ノスリ、良いと思いませんか?
by yamau-f | 2010-01-29 21:49 | ノスリ | Comments(0)