山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:オオハクチョウ( 1 )

この子も定番

オオハクチョウ、この子も冬の北海道の定番ですね。
結氷が始まった湾内で、移動途中の数家族に出会えました。
タンチョウにしても、フクロウにしても、この子にしても
北の野鳥達は家族愛、親子愛、夫婦愛が強いのでしょうか。
家族単位で移動する野鳥が多いですね。
それだけに家族、夫婦、親子での写真を撮りたくなります。
a0143780_1938389.jpg

5日間の滞在で雪が降ったのはこの日だけでした。
ただ、北海道らしい乾雪とは違い湿雪、撮影には厄介でした。
この日の夜は少し吹雪いたので、夜に出会った子の撮影には
好都合でした。フムフム
ここで出会ったオオハクチョウはペア、後ほど出てくる子は
家族、いずれも仕草から仲の良さが伝わってきました。
数日後には水のある居場所を求めて更に旅を続けるのでしょうね。
a0143780_20552797.jpg

今回の旅でオオハクチョウはターゲットには入れていなかったので
出会った時はラッキー!と呟いていました。
雪が無ければもう少ししっかりと撮りたかったのですが
先のある旅、次を目指す事にしました。
a0143780_20573775.jpg

ここで出会った家族は氷をなめるような仕草を何度もしていました。
此処は特に気温が下がる場所なので、暖冬と言われるこの時期でも
結氷が進んでいました。流氷の頃にまた訪問したいですが
しばらくは無理でしょうね。
a0143780_20121650.jpg

オオハクチョウは06年12月に我が家のそばの池に8羽飛来し
全国紙にカラー写真で掲載されるニュースになったことがあります。
コハクチョウならともかく、オオハクチョウは極めて珍しかった
ようです。当時の写真はこちらです。
結構大判で、出会った時と1月の月間の2回も掲載してもらいました。
昼前に到着、16時頃旅立っていきました。
野鳥の会のメンバー経由で新聞社に連絡が行ったようでした。
a0143780_2104437.jpg

白鳥は飛翔姿も素敵なのですが、これも次回のお楽しみとして持越しです。
今回の旅で出会った鳥達、鳴き声も魅力的。
タンチョウ、オオハクチョウ、クロガモ、コオリガモ、物悲しいものが
多かったです。やはり演歌が似合いますねー
ヒュールリーヒュールリララ・・・ これツバメだったかも(汗)
a0143780_20323768.jpg

流氷の未だ接岸しないこの時期に、北海道らしい写真が撮れたのも
忘れられないひと時でした。
a0143780_20382454.jpg

by yamau-f | 2016-01-14 20:28 | オオハクチョウ | Comments(0)