山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:タンチョウ( 1 )

記事はじめ

今年の記事初め、昨年末に行って来た道東・タンチョウ編にします。
恒例の年初め鳥運占いは、コミミズクが昨年末から再来、今年は
昨年より飛来数も少なく、来季会える保障も無いので通っています
ので少し後になります。
 と言う事で、昨年末に4泊5日で札幌・小樽・道東の弾丸ツアーに
行って来ましたのでそのご報告を。
観光、温泉、グルメ、鳥撮り、欲張った旅でしたが二兎追うものは・・・
と言われますが、三兎、四兎を追っても北海道は裏切りませんでした。
あわよくば、と期待したエゾフクロウには出会えませんでしたが
満足度の高い旅行となりました。
 ただ、帰路は釧路~千歳~伊丹の予定だったのですが、空港に
着くと釧路~の便が機材整備の影響で欠航となり、予定を急遽
変更し、釧路~羽田~伊丹としました。
 元々は千歳で時間があり、着替えと最後の北海道グルメを楽しみに
していたのですが、着替えの時間も無く振り替え便に飛び乗り羽田へ。
 運悪く振り替え便も遅れた為、羽田では第1から第2ターミナルへ
バスではなくダッシュで空港職員と駆け足。
釧路アウトドアバージョンの服装で羽田、伊丹行きターミナルに参上する
羽目に。汗ダクダクのビバンタム(ミシュランタイヤのマスコット)の
ような山鵜ペア、恥ずかしさの極でした。
伊丹で合流予定だった山鵜娘1号とは予想外の羽田での合流となった
のですが汗だくのビバンタムを見た娘は、まるで他人の振る舞い、少し
距離を置いてしか近付きません。まさか順調だった旅行の最後にこんな
アクシデントがあるとは・・・
皆さん、天候等の都合ではない欠航(航空会社責任)の場合は時間に
余裕があれば宿泊費や移動費用、航空会社が面倒見てくれる場合が
ありますから要確認です。
山鵜の場合、もう一日タンチョウの写真が撮れたかも、です。
a0143780_195823100.jpg

タンチョウ、餌付けと言うよりは給餌によって生きながらえているので
こういう場所での出会いは仕方ありませんね。
自然の姿を求めて聖域に足を踏み入れる蛮行撮影はできませんからね。
有名なポイントは一通り見学してきました。
タンチョウは基本的には家族で行動を共にするようですが
成鳥は正しくタンチョウで、天辺が赤いのですが
幼鳥は首から上はダチョウのようです。画的にはやはり赤いほうが・・・
a0143780_2013774.jpg

出会う事の難易度は低いのですが、いざ撮影をすると
これまた難しい鳥ですね。のめり込む人が沢山居るのも分かります。
a0143780_203342.jpg

それにしても北海道には老若男女、ヨーロッパからアメリカ、アジアと
沢山のバーダーがやって来ています。
温泉で一緒になったバーダーは、スコットランドからやってきたそうです。
大阪でアカハジロ、メジロガモ、北陸でトモエガモ、そして北海道に
渡ってきたとか。話をしていると、バイコーティール知ってるか?と聞いてきました。
野鳥の英名なんか知っているわけありません。???という反応をすると
ドッグ!と言います。犬?変な尻尾の犬か?と思ったのですが
ようやく”トモエガモ”と分かりました。トモエガモ、バイカルティールと言うようです。
ドッグはダッグ、つまりカモ類と言いたかったのでしょう。
おかげで長風呂、少しのぼせた山鵜でした・・・
本家本元の英語は発音が悪く、本当に聞き取りにくいモンです。
それにしても、山鵜のような、なんちゃってバーダーと違い、特に欧米系の
バーダーは筋金入りの方々が多いです。以前、???ヘロン?が居る!
と言われて山鵜の反応が悪いと、ムッラサッキサギーと教えられた事も。
学名も英名も日本名も知っている様子、筋金3本ほど入っているようでした。
a0143780_20121318.jpg

因みにタンチョウは英名ジャパニーズクレーンとかレッドクラウンド、学名は
゙グルスジャポ☆☆と言うようですね。トキは英名ジャパニーズクレスティッドアイビス、
学名ニッポニアニッポン、共に国鳥ではありませんが国を代表する野鳥です。
ジャパニーズが付く野鳥は他にも居るのかなー?確かコマドリも・・・
a0143780_20132766.jpg

山鵜、当地を訪れるのは三十数年ぶり。当時は野鳥撮影に興味は
無かったのですが優しいおじさんがレンズを貸してくれて写した写真が
実家には未だ有ります。当時はペンタックスLXを愛用していました。
当時からタンチョウは皆さんに愛されていたのでしょうね。本当に美しい鳥です。
a0143780_20192827.jpg

4年前の2月に鳥撮りで北海道に参上したのですがタンチョウも
流氷オオワシもシマフクロウも撮らなかったのでした。
おまけにデーターも全て消えてしまったので今回は大事に保管作業をしました。
怖い怖い
a0143780_2026950.jpg

今回も感じたのは、関西から北海道、特に道東に行くのは
不便ですね。現地では、関西弁より中国語の方が沢山耳に入ってきました。
北海道は関西より中国の方が身近なのかもしれません。何とかなると良いですね。
a0143780_2028565.jpg

a0143780_20262466.jpg

a0143780_20291942.jpg

今回経験した最低気温は-15℃、風が無ければ快適でしたが風が吹くと本当に
シバレマシタ。ぬれたタオルを振り回したらあっと言う間にバットのようになりました。
ただ、多めに持っていったバッテリーでしたが消耗は少なく一日1~2個で済みました。
百均のお弁当ケース(内側がアルミ箔)に入れて持ち歩いたのが良かったのかもしれません。
a0143780_2037523.jpg
a0143780_20373151.jpg

最近記事が少なめだったので、少し長い記事にしてみました。
道東編、ボチボチ記事にしていく予定です。タンチョウの飛翔姿、感動しました。
また来年会いに来るからね、と固い握手をして別れてきました。
a0143780_20394129.jpg

by yamau-f | 2016-01-11 20:10 | タンチョウ | Comments(4)