山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ダイゼン( 1 )

食べると美味しいらしい

それにしても食べると美味しいから”大膳”とはいかがなものか?
魚で言えば”アジ”みたいなものですね。
ママカリも同じで、ネーミングとしては本人達は
嬉しくないでしょう。
ダイゼン、どんな味なんでしょうか?気になります。ムナグロとは味が違うのかな?
昔はそれだけ沢山居たのでしょうね。
a0143780_19473827.jpg

実はこの子も当ブログ初登場なんですよ。
海辺の鳥はまだまだ初登場がありそうです。
♂成鳥の夏羽も撮って見たいのですが
中々出会えません。
a0143780_19503623.jpg

この子が咥えているのはアケミ貝(正式名称はイソシジミ)です。
チヌの筏釣りではお世話になる二枚貝、殻が柔らかく鳥たちも食べやすいのでしょう。
そう言えば”ボケ”と言う餌も良く使いますね(正式名称ニホンスナモグリ)。
名前の由来は良く分かりません。こちらも鳥たちが喜びそうな生物です。
肌色をしたヤドカリが貝殻から出てきたような甲殻類です。
他にはスイカやコーンを使う事もあります。要するに何でも食べる魚なのでしょう。
親戚に明美と言う人が居ますが、チヌ釣りの話題をする時は
注意しないと、アケミ、ボケ・・・ ゴカイを招きます(汗)
a0143780_2021459.jpg

距離があるので写真がモヤモヤとしています。
会える時期は空気がモヤモヤの時期なので
余程の至近距離じゃないとキッチリとは撮れません。
by yamau-f | 2015-10-18 19:40 | ダイゼン | Comments(0)