山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ダイシャクシギ( 1 )

心ここにあらず

気が散っていました。
あまりチャンスの無いダイシャクシギとの出会いだったのに
集中力の無い撮影をしてしまいました・・・
何故か?
すぐそばで釣り人がハゼを釣っていたのですが
これが所謂入れ食い、次から次へと良い型のハゼが
釣られていました。
数年前にも気が散って撮影できないことが・・・
アオバトを撮影していたら傍で水着の女性モデルの撮影が始まりました。
まあ、その時はアオバトやめてモデルを写していたのですごい集中力でしたが(汗)
a0143780_21163229.jpg

現在休止中の釣り人”山鵜”には刺激が強すぎました。
竿は?リールは?仕掛けは?餌は?・・・・ 
気になるとどうしようもありませんね。
鳥達は殺気(別に山鵜は殺気を出していないと思いますが)を
感じると飛び去ったり、安全距離を長めにとったりするのですが
心ここにあらず=殺気ゼロ=鳥達の警戒心小
この子はかなり近くに釣り人が居ても平気でした。
弁当を狙うトビや、釣り船に近付くカモメと大差なかったですね。
でも、心ダイシャクシギに無い山鵜にはこの程度しか撮影できず。
a0143780_21224246.jpg

実は、ダイシャクシギなのか?ホウロクシギなのか?あまり
自信がありません。翼を広げてくれるか、お腹を見せてくれないと
山鵜には識別不可能です。
a0143780_21245843.jpg

風も無く、暑くもな無く、天気も良く、快適な海での一日でした。
今度はミヤコドリをビシッと撮りに行く事にします。
by yamau-f | 2015-10-15 21:11 | ダイシャクシギ | Comments(4)