山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ミヤコドリ( 2 )

ミヤコドリはユリカモメ?

先日出会ったミヤコドリ7羽組です。
越冬ツバメであれば、ヒュールリーヒュルリララー と歌にもなるのでしょうが、
越夏ミヤコドリでは歌になりませんねー。やはり越冬のほうが演歌に会うのでしょう・・・
歌になると言えば、都鳥は度々古文の教科書に登場してきましたっけ。
 確か、都鳥に私の恋人は元気かどうか聞かせて頂戴、といった内容だったような(間違ってたらすみません)記憶があります。
 でも古文に登場する都鳥はユリカモメである、との説が有力だそうですー
a0143780_2337139.jpg
a0143780_23374496.jpg

それにしても台風後の海は水は濁り、海岸は足の踏み場もないほど木片をメインにした
がれきの山!シギチの足の踏み場も無い状態でした。
おまけに空には飛行機やパラグライダーに水面はカイト・・・ 鳥獣保護区とは何なんでしょうか?
という感じでした。ハイイロチュウヒ地域のカイトが来襲していたような気がするんですが・・・・・
a0143780_2346348.jpg
a0143780_2347488.jpg
a0143780_23473251.jpg

だけでなく、この子達にはさらなる試練が!
 優雅に飛んでいるように見えますが、実は遥かに体の小さいハヤブサに襲撃されて
慌てて飛び立ったのでした。越夏した連中なので結構往なし方は慣れていたかも
しれません。
a0143780_23533686.jpg
a0143780_23541139.jpg

実は後ろからのミヤコドリを以前から撮ってみたかったのです。
こんな感じなんですね(笑)
間もなく仲間も到着し賑やかになることでしょう。
by yamau-f | 2011-09-16 23:59 | ミヤコドリ | Comments(2)

お目当ては違っても

昨日の続編です。お目当ては昼からでも良いのですが、やはり遠出するときは朝から出ないと、勿体無いような気がして、朝から出かけました。予報以上にお天気も良く、河口で暫く鳥見をして時間調整をするつもりでしたが、偶然出くわした団体さんのミヤコドリに暫し時間を忘れて撮影を開始しました。
a0143780_2221012.jpg

2~3羽が、パラパラとやってきたのですが、その後どっさりとやってきました。大きな鳥だけに、迫力があります。野山の鳥は、天気が良すぎると撮影が難しいのですが、海はお天気が腕の悪さをフォローしてくれます。
a0143780_22252875.jpg

ミヤコドリの難点は良く寝ることかな?やって来て、暫くは餌を啄ばむのですが、その後寝始めると本当に愛想が悪いと言うか、動きに変化がありません。
a0143780_22291584.jpg

たまに芸をやってくれるのですが、何時も不意打ちに会い、粘ってゲットした、典型的なミヤコドリポーズ(?)
、この後、お目当てには会えませんでしたが、満足度は高い鳥見が出来ました。
by yamau-f | 2010-01-10 22:33 | ミヤコドリ | Comments(10)