山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ハイイロチュウヒ( 5 )

2012年初撮り

お正月は関東に出稼ぎ中の山鵜娘1号が帰省していたり
実家に行ったりで、初撮りは昨日までお預けでした。
 満を持して昨日は出かけたのですが---
なんと現地は20cmほどの積雪&吹雪でした。
今年の鳥運を占う大事な鳥見だったのですが・・・
 さすがにノーシャッターでは帰れないので少し粘って
遠くのハイイロチュウヒ♀をゲットです。
 距離もあり満足度は極めて低レベルですが
この結果で今年の鳥運をどう判断するか・・・難しいところです。
この子以外には、雪中ムナグロの団体さんにも会えました。
モザイク写真レベルなので記事にするかどうか・・・少し考えてからにします(汗)
a0143780_1936582.jpg
a0143780_19371538.jpg
a0143780_19373492.jpg

何とか山鵜の野鳥草子2012もスタートできました。
今年の鳥運は ハイチュウなので”高中”と言うことで
まーまーと言うことにしておきます。
今年もよろしくです!
by yamau-f | 2012-01-06 19:46 | ハイイロチュウヒ | Comments(4)

今年のハイチュウは終わったかも

そろそろやって来ているかな?と思いつつこの時期に通うフィールドに
行って見ました。先月の出会いでしたが、今までの中では
最近最昼の最高記録です。
 出会った時間はちょうど正午ごろ、再接近は10m以内だったかも・・・
a0143780_22173633.jpg

いつもは日が傾きかけた頃に、いよいよかな?と思いながら待つのが定番ですが
思いもよらない突然の出会いに反応できるわけも無く
満足な写真は撮れませんでした。
a0143780_2220281.jpg

田んぼの中を結構優雅に、そして時には切れ込むように鋭く、充分に飛翔姿を観察
出来ました!
a0143780_22221875.jpg

それにしても咄嗟の出会いに腕の差は如実に現れますね(汗)
後で写真を見てがっかりです。
a0143780_22252368.jpg

夕刻、葦原のはるか遠くを飛翔するハイチュウを見ていると、
もっと明るい時に・・・ もっと近くを・・・ もっとゆっくりと・・・ と思っていましたが
いざお望みに近いTPOに出くわしても、やはり難しいです。
a0143780_22281731.jpg

ハイチュウシーズンは開幕したばかりですが、最初にこんなラッキーな出会いが有ると
山鵜の今年のハイチュウは終わったかもー。
by yamau-f | 2010-12-10 22:32 | ハイイロチュウヒ | Comments(6)

茶色いハイイロチュウヒ

一昨年から、ここは、シーズン中に数度は訪れるお気に入りのフィールドです。場所柄、山鵜のお出かけ条件に合った時の限定ですけどね。
11月後半から今回で何度になるでしょうか?結構有名な観光地も近いのですが、
そちらの方は、未だゆっくりと周ったことはありません。
a0143780_8572331.jpg

ここのフィールドは、午後になるとギャラリーが増えてくる事が特徴的です。
鉄道ファンがダイヤに合わせてやって来る光景を想像してしまいます。
a0143780_8594073.jpg

鉄道と言えば、以前は鳥の名前を付けた列車が多かったですね。懐かしいなー
はと、ひばり、はやぶさ、はくつる、つばめ、はくたか、白鳥、とき、・・・・
今思ったのですが、ハクタカって鳥は居ましたっけ?
ひょっとして、ハクタカとはハイイロチュウヒ♂の事かも・・・
a0143780_93339.jpg

皆さんお目当ては、”特急ハイチュウ♂”ですね。この子は、確かに列車のように
定刻に、ほぼ同じ場所を通過しますから。
a0143780_97124.jpg

山鵜は、時間が許す限り早く行って
他の鳥さんと遊べるのも、お気に入りの理由のひとつです。
水鳥や、葦にやって来る小鳥、葦元をうろつくクイナ・・・全く飽きません。
a0143780_99993.jpg

”急行ハイチュウ♀”は、本数も多く昼間も良く通過します。
時には間近を通過するので、慌てます。
それにしても、♀は茶色いハイイロチュウヒですが、ジェンダー的には問題ないのですかね(笑)
by yamau-f | 2010-02-20 09:15 | ハイイロチュウヒ | Comments(6)

有意義な時間とは・・・

チョット小難しいタイトルになりましたが、この子と対峙する時は、偶にこんな事を考えることがあります。
朝から粘っても、撮影できる時間、観察できる時間は、微々たる物ですが、時間を無駄に使って
しまったと後悔したことは一度もありません。即ち、これを有意義な時間と山鵜は解釈しています。
 今回の登場はハイイロチュウヒ♀だけです。
a0143780_21545974.jpg

山鵜が天邪鬼で、皆さんが♂のハイイチュウを追っかけているのに、♀の方が好きだから!なんて
理由では有りません。ただ単に、♂の写真が撮れなかっただけです。
a0143780_2157798.jpg

日に数度、♂も登場するのですが、この時の♂は何故か狙いとは逆(後ろ)の田んぼばかりに
登場しました。何とか撮った写真は、背景が野球グラウンドで、球児と同化して、まるで選手が
ホームスティールでスライディングをしているような写真だけでした(涙)
a0143780_2213155.jpg

ピストル砲+山鵜スキルでは、皆さんのようなキラッ!としたお目目を写すことはできませんが、
写真を見るときに自分で「キラッ」と、言うようにしています・・・。幼い頃、野球のボールを投げるときに
「シューーッ」と言って投げたように(笑)
a0143780_226343.jpg

 
by yamau-f | 2010-01-16 22:09 | ハイイロチュウヒ | Comments(2)

鳥撮り納めは突然に

しっかりと腰をすえた今年の鳥見&鳥撮りは、今日が撮り納め。今話題のハイイロチュウヒ♂に会いに行ってきました。朝着くなりお目当ての鳥が、葦原からまだ朝焼けの残る南の空へと飛んで行きました、と言うか、飛んで行っちゃいました。ピストル砲でゲットできるわけも無く、その後は夕方まで会えないとは・・・。日中には出現の気配も無く、周辺をウロウロしながら目に入った鳥さんを写すことに
a0143780_324497.jpg
ミサゴガ3羽の団体で上空を旋回してくれました。色合いは似ていますが精悍さやスピード感は、やはりハイチュウとは少し違います。それが証拠に山鵜でもこの程度に写す事ができます。
a0143780_361535.jpg

数年前はタゲリを見ると大感激してシャッターを押し捲りましたが、最近は少し撮り方が雑になっている気がします。好きな鳥なんですがねー。
a0143780_310158.jpg
この鳥を見ると、以前NHKで見た新潟?のタゲリ米を思い出してしまいます。
a0143780_3112256.jpg

朝見送ったハイチュウ♂がようやく帰ってきました。しかも心の準備も、カメラの設定の時間も無く、思わぬ方向から突然に!
a0143780_31344100.jpg
車の中で待機していた山鵜にとっては、当然と言うか必然に後姿のみ(涙)
a0143780_3151783.jpg
こうした猛禽の写真を後で見てよく気がつくのですが、カラスのモビングだけでなく小鳥達が団体でモビングしていることがよくあります。今日はカワラヒワのモビングを受けていました。
a0143780_3175131.jpg
今年はこの子に会えたのは12月13日でした。地元の方に聞くと到着した当日に運よく会えたようです。その時の証拠写真です。
a0143780_3203616.jpg
この時は、距離はあったのですがペアで暫く仲良く飛翔を見せてくれました。この場所ではデジスコでの撮影や、アップの写真は期待できませんがのんびりと鳥見をするには本当に良いところです。
 それでは皆さん良いお年をお迎えください!
by yamau-f | 2009-12-30 03:31 | ハイイロチュウヒ | Comments(13)