山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:コアジサシ( 4 )

夏と言えば?
蝉、かき氷、麦わら帽子、TUBE そしてコアジサシですね(笑)
最後のは無理がありますが(笑)
TUBEのボーカル、前田亘輝は今年52歳、先日機会があってラ
イブに行って来ましたがすごい迫力、すごいパワー、スタミナ。
とてもじゃないけどマネできませんね(笑)
 ここ数年コアジサシは海や川ではなく内陸で観察することが
多くなりました。一過性ですが営巣地になる空き地が有るので
しょう。残念ながらその年だけの故郷、来シーズン帰省すると
高層マンションや建造物が出来上がり姿かたちは無くなってお
り、故郷の無い可愛そうな鳥たちです。
a0143780_14240228.jpg
この日は前日まで1羽で寂しそうに飛んでいたのですが、観察中
に仲間が到着していました。今はどうなっているのでしょうか。
 昨年の営巣地は大規模工事真っ最中、一昨年観察した営巣地
にはマンションが建っています。
これから周期的に大規模立替もあちらこちらで有るでしょうから
場所には困らないかもしれませんね。
a0143780_14233753.jpg
逆光ではあまり写さないのですが、この子はシルエットが好き
なので撮ってみました。尾羽は広がっていた方が良かったかな。
 この子は、飛翔、ホバリング、突っ込み、求愛給餌、と色々
なシーンを見せてくれるので撮っていても飽きないのですが
天気が良いとこの時期は暑くって長時間は厳しいです。
a0143780_14242070.jpg
この池で捕れる魚、水面を泳いでいるということを考えると
おそらくモツゴ、別名クチボソでしょうか。
モツゴと言うと4~50年前は琵琶湖の春の風物詩にモロコ
釣りと言うのがありました。近所のオッチャンに何度か連れ
て行ってもらったことがあります。3月か4月の早朝辺りはま
だ真っ暗だったのを覚えています。ホンモロコが産卵のため
浅瀬に集まってくるのを狙って、長い竿に小さな釣り針、餌
は赤虫で釣ったのを思い出しました。その時の外道がモツゴ(笑)。
駐車場も溢れ、屋台のホットドッグ屋さんの車が出ていたなー。
今はホンモロコは高級魚、釣りをしてもブルーギルくらいしか
釣れないかもしれませんね。モツゴからここまで脱線する
山鵜・・・恐るべし(笑)

by yamau-f | 2017-05-29 13:45 | コアジサシ | Comments(0)

撮れる時に撮れ

今までにこれを実行せずに悔しい思いをした事、数知れず。
三拍子は揃っていませんが、今回はコアジサシとタップリと
遊んでもらいました。
a0143780_21195984.jpg

今年は春先早々に海まで会いに行きましたが
見事に振られました。
まさかこんなに近くで会えるとは嬉しい限りです。
a0143780_21233969.jpg

既に2度目の繁殖に成功し、雛たちも順調に
育っています。3度目もTRYしそうな勢いです。
余程居心地がいいのでしょうね。
a0143780_21252360.jpg

孵化して大凡2週間ほどですが既に飛翔の練習です。
どう考えても飛べそうもありませんね。
a0143780_21265011.jpg

小鳥たちの雛が巣の中で育つのとは違い
この子達は孵化3日ほどで走り回るようですね。
生きていくために神様にもらった能力なのでしょう。
a0143780_21293845.jpg

3羽の雛に餌を運ぶ親たちも大変ですが
成長に合わせて餌の魚もサイズアップ
体高の高いフナやタナゴは食べる方も
大変です。
 窒息しそうになりながら餌を食べていました。
a0143780_21325429.jpg

それにしても親から雛への給餌は一瞬です。
何とか撮影出来た時には山鵜は熱中症の寸前
皆さん気をつけましょうね。
a0143780_21355852.jpg

次回こうしたシーンには何時出会えるでしょうかね。
撮れる時に撮れ、間違いありません。
by yamau-f | 2015-07-21 21:14 | コアジサシ | Comments(4)

記念撮影

海にコアジサシを撮影に行く機会を逃し、「また来年リスト」に登録したばかりの
この子に思いがけないところで出会いました。
少し嬉しい出会いだったので、70~80m、1.3クロップ+1.7テレコン+300f4 で手持ち
撮影です。思ったよりも山鵜としては良い出来栄えでした。
記念撮影レベルですが・・・
a0143780_20523711.jpg

反対側の池の桟橋では求愛給餌もやっていたようです。
合計8羽ほどいたでしょうか?
到着の遅かった山鵜が待ち構えた側の池には中々来てくれません・・・
a0143780_2055991.jpg

それにしても最近の山鵜の鳥運の悪さは
過去に経験がないレベルです。
場を離れると登場する
遅れていくと去ったあと
電池を入れ替えると登場する
他の人には見えるのに、山鵜には見えない・・・
これは運ではなくて、判断の悪さなのかも・・・
スランプです。
a0143780_20585868.jpg

この日も、反対側の池に移動すると皆で鳴き交わしながら
空高く上昇し、遥か彼方へ飛んでいったのでした。
by yamau-f | 2014-06-09 20:45 | コアジサシ | Comments(0)

のんびりと

連休中は山鵜娘1号が帰省していました。
年三回の長期連休くらいしか帰ってこないのでなるべく一緒にいたい、
山鵜の率直な気持ちです。
でも、鳥撮りには貴重なお休みでもあります。
何か良い方法は無いかな・・・・と考えていました。
a0143780_21264627.jpg

控えめな山鵜には鳥見に行こう!とはストレートに言えません。
考えた末のコメントは・・・・
美味しいウナギ食べに行こうか?三重の方までー(汗)
ついでにチョット鳥も見ようかなー?なんちゃって(汗)
a0143780_2130179.jpg

少し高い餌で山鵜女と山鵜娘1号を乗せてレッツゴーです。
山鵜娘2号は以前使った作戦なので懲りていて付いてきませんでした。
餌付け失敗です(笑)
a0143780_21363631.jpg

潮廻りが悪く、食後のチョットだけの鳥見のつもりが・・・
10羽ほどのコアジサシが河口を飛び回っていました。
ほら右から来た!左から来た!前から来た!山鵜には付いていけませんでした。
なかなかピントも合わず、シャッターも切れず、面目丸つぶれ。
今の撮れなかったの?シャッターの音聞こえなかったけど?
ウナギ食べた後でもコメントは厳しかったなー
a0143780_21501787.jpg

辛うじて写せたコアジサシです。
小さな魚をくわえて歩み寄っていく♂のアジサシを指差して
あんな♂には騙されるなよ!とか分けの分からない事を言いながら
親子三人、楽しいのんびり鳥見が出来ました。
天気も良く本音を言えばもう少し撮っていたかったなー
by yamau-f | 2013-05-15 21:22 | コアジサシ | Comments(2)