山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:オオワシ( 2 )

なぜ

こんなに大きく美しい猛禽が北の国には沢山居るのでしょうか。
カバッチリカムイ、鷲の神様と呼ばれるオオワシ、久しぶりに
会えて感激しました!最初は・・・
a0143780_2045147.jpg

猛禽と言ってもお魚が主食の鷲なので
オオタカやクマタカに比べると鋭いと言うよりは
コミカルな風貌です。
久しぶりに出会った時は真剣に撮影したのですが
道を進むにつれて電柱に沢山鎮座、綺麗な成鳥
を探す余裕もあったくらいです。
a0143780_20481711.jpg

やはり飛翔姿が魅力的ですね。
欲を言えば青空の方が映えるのでしょうが
生憎の雪が降っていたので少し残念。
a0143780_20495139.jpg

結構沢山居たので翌日ジックリ撮影しようと思い
次の目的地へと急いだのですが、翌朝再訪して
ビックリ!全く居なくなっていました。
どこかへ遠足でも行ったのかなー
ただ、この日の夜にシマフクロウに出会うことができたのですが
オオワシで粘っていたら会えていなかったので納得です。
a0143780_20515942.jpg

オオワシとワシカモメ!と思ったのですが
どうやらシロカモメのようでした。思うようには行きません。
a0143780_205410100.jpg

流氷ではありませんが結氷始めた氷の上に乗って
プカプカと漂流していました。
流氷の上なら良いのになー、と改めて思いました。
a0143780_2056308.jpg

北海道、特に道東を訪れると良く出会うシーンです。
極端に言うと電柱ごとにオオワシが止まってるくらいの
密度です。贅沢な話ですね。
ここでチョットアイヌ語、野鳥名の話題を。
前記事のシマフクロウ、今回のオオワシ以外に
タンチョウはサロルンカムイ(蘆原の神様)、オオハクチョウはレタッチリ(白い鳥)
結構細かく野鳥名が存在します。
皆、美しかったり、神聖な名前ばかり!と思っていたのですが・・・
トラツグミ、何ていうかご存知ですか?
シプイマウクシ・・・・・・・・・
・・・・「肛門を通る空気」 可哀相過ぎますよね。簡単に言えば
オナラ? しかも臭いほうの・・・鳴き声から来ているようですが。
此方でも昔は鵺とか呼ばれたようですがね。
今度出会ったらイメージを払拭するような素敵な写真を
撮ってあげよう!と強く決意した山鵜です。
因みにハヤブサはチカブコイキ=鳥いじめ、オジロワシは
オンネイ=年寄者と言うそうです。
by yamau-f | 2016-01-22 20:41 | オオワシ | Comments(4)

威風堂々と

威風堂々と

a0143780_744975.jpg
a0143780_7576.jpg
a0143780_75278.jpg
a0143780_754985.jpg
a0143780_76739.jpg
a0143780_763110.jpg
a0143780_765440.jpg
a0143780_771316.jpg
a0143780_773938.jpg

今回の道東シリーズはこれにて終了です。
by yamau-f | 2012-03-07 22:03 | オオワシ | Comments(8)