山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ケイマフリ( 1 )

名前が魅力的 赤い脚が魅力的

以前から知っている名前でしたが会えるとは思っていませんでした。
〇〇ガモとか、〇〇アイサとか言った名前ではなく、”ケイマフリ”・・・
魅力的な名前です!
エトピリカも同様ですが、この子には何時会えることやら。
a0143780_20422112.jpg

まだまだ厳寒の北の国ですが、夏の装いに変化途中の個体もあちらこちらに
a0143780_2045346.jpg

さすがにこの場面では1V1の登場はありません。
久しぶりに登場のD300が頑張ってくれました。
a0143780_20472654.jpg

この子は、それほど派手な鳥さんではありませんが、赤い脚が魅力的です。
何とか赤い脚が撮れたので山鵜は満足です。
a0143780_2053483.jpg

ウミスズメの仲間のようですが、メジロウミスズメ・・・とか言った名前でなくて
少し得した鳥さんかもしれませんね。
因みに、アイヌ語ケマフレ(赤い脚)が名前の由来だそうですよ。
a0143780_210111.jpg

寒いと分かって行っているのに、寒い寒いはいただけませんよね。
北の海は流氷以外の氷は無いと思っていたのですが、実は海の水が凍るんですね。
クラゲのように見えるのは、凍り始めた水面です。
クラゲが氷で、ざらついているのがシャーベットなんですよー
a0143780_21112063.jpg

by yamau-f | 2012-02-29 20:35 | ケイマフリ | Comments(2)