山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

探すのが大変でした

山鵜のヤマセミシーズンは10月後半から3月を目安としていたのですが
昨季(今春)は少し延長して5月前半まで通っていました。
留鳥なので一年中いるのでしょうが、山鵜の探鳥眼では木々の葉が茂る
4月以降は見付けるのが難しいうえに、止まり物が主流のデジスコには
向かないシーズンでもあるからです。でも、紅葉や冬枯れのシーンばか
りで無く、やはり新緑のヤマセミは憧れでした。シーズンを少し延長す
ることでようやく今までと違う画が撮れました。
a0143780_14333132.jpg
ただ、こんなところに隠れているので探すのが大変でした(微笑)
本人は隠れているつもりなのか、偶然なのか知りませんが、さすがの
山鵜でもこんな隠れ方なら見付けることができます(微笑)
 頭隠して尻隠さず、どころか頭も尻も隠れてませんよ!ヤマセミ君。
ヤマセミ追いかけて十数年になります。いったい寿命はいくつなんで
しょうね。その時の子なのか、代替わりしているのか分かりません。
過去の写真と現在の写真を見比べると・・・・・
出た答えは、ヤマセミはヤマセミと言う事でした(笑)
これからのシーズンは冬場と違い餌となる魚は捕り易いでしょうが、
川遊びの人たちや釣り人の増加で住みにくくなるかもしれませんね。
それでは、紅葉が始まる10月後半まで See you!


by yamau-f | 2017-06-05 20:22 | ヤマセミ | Comments(0)