山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏と言えば?
蝉、かき氷、麦わら帽子、TUBE そしてコアジサシですね(笑)
最後のは無理がありますが(笑)
TUBEのボーカル、前田亘輝は今年52歳、先日機会があってラ
イブに行って来ましたがすごい迫力、すごいパワー、スタミナ。
とてもじゃないけどマネできませんね(笑)
 ここ数年コアジサシは海や川ではなく内陸で観察することが
多くなりました。一過性ですが営巣地になる空き地が有るので
しょう。残念ながらその年だけの故郷、来シーズン帰省すると
高層マンションや建造物が出来上がり姿かたちは無くなってお
り、故郷の無い可愛そうな鳥たちです。
a0143780_14240228.jpg
この日は前日まで1羽で寂しそうに飛んでいたのですが、観察中
に仲間が到着していました。今はどうなっているのでしょうか。
 昨年の営巣地は大規模工事真っ最中、一昨年観察した営巣地
にはマンションが建っています。
これから周期的に大規模立替もあちらこちらで有るでしょうから
場所には困らないかもしれませんね。
a0143780_14233753.jpg
逆光ではあまり写さないのですが、この子はシルエットが好き
なので撮ってみました。尾羽は広がっていた方が良かったかな。
 この子は、飛翔、ホバリング、突っ込み、求愛給餌、と色々
なシーンを見せてくれるので撮っていても飽きないのですが
天気が良いとこの時期は暑くって長時間は厳しいです。
a0143780_14242070.jpg
この池で捕れる魚、水面を泳いでいるということを考えると
おそらくモツゴ、別名クチボソでしょうか。
モツゴと言うと4~50年前は琵琶湖の春の風物詩にモロコ
釣りと言うのがありました。近所のオッチャンに何度か連れ
て行ってもらったことがあります。3月か4月の早朝辺りはま
だ真っ暗だったのを覚えています。ホンモロコが産卵のため
浅瀬に集まってくるのを狙って、長い竿に小さな釣り針、餌
は赤虫で釣ったのを思い出しました。その時の外道がモツゴ(笑)。
駐車場も溢れ、屋台のホットドッグ屋さんの車が出ていたなー。
今はホンモロコは高級魚、釣りをしてもブルーギルくらいしか
釣れないかもしれませんね。モツゴからここまで脱線する
山鵜・・・恐るべし(笑)

by yamau-f | 2017-05-29 13:45 | コアジサシ | Comments(0)