山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

前哨戦は

少し前になりますが、山鵜の赤い鳥2017の前哨戦として
山へ出向きました。昨年は行けなかったので二年ぶりです。
一昨年とは違い非常に厳しい状況でした。囀りも聞けず、
気配もない。ただ、ここに止まったら良いのになー、絵に
なるなー、背景の樹木の幹に巻かれた鹿除けのネットが邪
魔だなー、とか考えるのですが、主役が登場しなければ心
配ご無用となる訳でー
 厚手の上着を忘れた体にこの時期に4℃は堪えました。
a0143780_15495346.jpg
微かに聞こえた一度の囀り、腰を据えて待つことに。
大二郎でも3分間は待てるのですから山鵜にも出来るはず。
3分では足らず、30分以上待ったでしょうか。
バーダーの30分はいい加減、実際は1時間以上(汗)
 ここしかない、と思う場所になななんと!コマドリ登場
です。見付けて見送るまで丁度30秒、撮影時間は18秒で
した。この子、お利口さんです。18秒の間に3ポーズの大
サービス、デジスコでは先ずワイド端で撮影し、状況に応じ
て大きさを調整するのですが、還暦近いボケかけた山鵜には
信じられない機敏さで撮影できました。まだまだバカにした
もんではありません!山鵜女さんよ!
a0143780_15485472.jpg
コマドリはやはり正面の画が素敵ですが山鵜はこのポーズも好きです。
山鵜の野鳥草子には8年連続で登場、それ以前から追いかけているの
で、コマドリ追いかけて十数年、撮った画像は数万枚、捨てた画像も
数万枚、今回の画は定番中の定番ですが、取り敢えずは押さえて置か
ないとダメなんです。他の構図を狙うための手形みたいなもので。
ただ、今回は手形を入手しただけですが・・・
次回への意欲がムラムラと湧き上がってきます。
a0143780_15492490.jpg
右向いて、左向いて、後ろ見せて、ハイさようなら。この後出て
くる気配もないし、寒いし、雨は降り出すしこの場を離れること
にしました。谷底から這い上がるルートで無かったのですが、
重い機材を運ぶには少し距離がありましたが、取り敢えず出会
えた喜びで足元が軽かったのが救いでした。
 さてこのポイントは今年はどうなるのでしょうね。
山鵜はまた来年のお楽しみとなるのでしょう。

by yamau-f | 2017-05-16 20:48 | コマドリ | Comments(2)
Commented by aosagi56 at 2017-05-18 15:40
今シーズンは田中もダルビッシュもなし得なかった開幕戦勝利ですね。
大人のキバシリも出てくれて絶好調!?
Commented by 山鵜 at 2017-05-18 22:09 x
aosagiさん、こんばんは。
田中もダルビッシュも開幕戦はダメでしたがそのあと好調ですね。ということは山鵜は逆かも。
毎年この時期は会えるか?撮れるか?不安で仕方ありません。