山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

おやおや

前回の記事で次回は夏鳥、みたいなコメントを入れてましたが
冬鳥のアトリの登場です。しかも、野鳥草子に初登場とは本人
もビックリ!です。
 冬鳥のアトリですが、かなり完成度の高い夏羽なのでお許しを。
秋口から良く見かけるアトリですが、これだけしっかりと夏羽
に換羽したアトリは初めてでした。ムギマキ♂成鳥か!と思った
ほどです。このポイントは以前にマヒワをこの時期に見たポイント
だったのでそれを期待したのですが
a0143780_13120948.jpg
冬羽と夏羽でガラッと装いの変わる子と、年がら年中同じ装いの子が
居ますが違いは何なのでしょうかね。ガラッと変わる子は日本では
どちらか一方しか観察できないことが多いので、今回のような出会
いはラッキーです。
時たまどう表現してよいのか分からない声(カワラヒワと同じような)
で仲間に合図を送っているようでした。
時間があればゆっくりと公園を観察すれば他にも沢山の出会いが有
るのでしょうが、午前中の短時間では仕方ないですね。
a0143780_13123384.jpg
次回こそ夏鳥の赤い子、青い子、黄色い子、茶色い子・・・
の登場と行きたいですね。
どうなる事やら山鵜にも分かりませぬ。

by yamau-f | 2017-04-20 20:59 | アトリ | Comments(4)
Commented by Jadzia at 2017-04-21 14:51 x
こんにちわ!

ご無沙汰しております。

この時期は、冬鳥と夏鳥を一緒に観察出来たりするので、面白いですよね。マイ・フィールドに残っているシメは、嘴が鉛色になっています。

それにしてもアトリの羽、見事ですね。この冬はアトリとイカルが物凄く多かったのですが、こんな綺麗な羽のアトリは観ることは出来ませんでした。羨ましいです・・・・(^^)
Commented by yamau-f at 2017-04-22 11:46
Jadziaさん、こんにちは。山鵜です。
アトリはもっと真っ黒な子も居たのですがモデルにはなってくれませんでした。今朝同じ公園に行っても姿はなく、変わりにキビタキとコサメビタキが到着していました。この時期は日単位で季節が動きますね。今年はどんな夏鳥と出会えるかワクワクドキドキです!
Commented by 探検隊隊長 at 2017-04-24 17:14 x
山鵜さん、こんにちは。
夏鳥の季節ですが冬鳥もまだ結構残ってますね。
アトリはノビタキなんかと同じように冬羽から夏羽への変化は羽の先端が徐々に擦り切れて黒くなってゆくタイプですが、冬の間日本にいないノビタキなんかは春に渡ってきたときに秋から姿が一変した印象がありますよね。
冬の間日本で過ごすアトリは逆にずっと観察してるとアハ体験みたいに変化に気づかなかったりするのかな。流石にこんなに黒くなってるんだから気づかないわけはないか。
掲載のお写真、すっかり真っ黒になったアトリの雄が雌とツーショットで写ってるのがいいですね。
Commented by 山鵜 at 2017-04-24 21:30 x
隊長さんこんばんは、山鵜です。
色の組み合わせはノビタキと似ていますね。
ノビタキも夏羽と冬羽が日本で観察できますがアトリの夏羽は初めてでした。飛翔の時の色彩は更に鮮やかでした。
ペアに気付いて頂けましたか。実はペアでバシッと撮りたかったのですが難易度高すぎました。