山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今年の3月も

例年3月は慌ただしく、ゆっくりと撮影に行ける日が限られます。
山鵜、先生と呼ばれるような職に就いているわけでもなく
年度末と言ってこの時期にバタバタする事も無いのですが
何故か3月はダメですね。
おまけに、今年はコミミズクの愛想も悪く、一鳥入魂だったので
ブログ記事が枯渇気味。
 と言うことで、一鳥入魂時の副産物のカワアイサの登場です。
数年前に、コウライアイサなる珍鳥に地元で出会えたので、
ひょっとして、と期待はしますがそんな虫のいい話はありませんね。
結構激流の渓流に7羽のカワアイサが一生懸命餌を追っかけていました。

a0143780_13394453.jpg
♂3♀4の集団。
そういえば一昨年末に北の大地の沼で100羽を超えるカワアイサがししゃもを追っかけて
狩りをしていました。鵜同様凄まじい光景でした。
魚は飛び跳ね、鳥はバタつき、それに比べると極めて平和な狩り模様でした。
カワアイサ、ウミアイサ、コウライアイサ、ミコアイサ、アイサは4種しか
知りませんが、ミコアイサだけは少しカテゴリーが違うように思いますね。
a0143780_13385432.jpg
偶に目の前を通過していくカワアイサですが、この鳥も白さが目立ちますね。
飛び方、大きさは鵜に似ていますが、ハッとさせられることがあります。
 この時期の渓流ではオシドリ、カワガラス、カワアイサ、ごにょごにょごにょ
が定番ですかね。時々上空をクマタカが飛んでくれますが。
a0143780_13383680.jpg
この子たちも間もなく北へ帰って行きますね。
いつの間にかミソサザイが囀り始め、春真っ盛り。
花がらみの何か良い写真が撮れないかなーーー

by yamau-f | 2017-03-22 20:15 | カワアイサ | Comments(2)
Commented by UYAN at 2017-03-26 16:09 x
山鵜さん、こんにちは。
二枚目の写真、ビー玉色の透明感のある水の流れとカワアイサ、いいですね!ぼくはどうもこういう色に弱い(魅かれる)です。
Commented by yamau-f at 2017-03-27 08:05
UYANさん、おはようございます。山鵜です。
私もこう言う雰囲気、色が好きですねー。
間もなくカジカも囀り?始め、更に良いシーズンになります。ここにモデルが居てくれれば言うこと無し、ですがね。