山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

そろそろ

まだ赤い子が諦めきれずにもがいている山鵜です。
今年は赤い子シリーズ、コマドリ編のみの可能性が濃厚です。
今年も5月の地元での開幕戦、有名観光地含めた中部地方の
遠征でコマドリには10個体以上の子に出会いました。
 有名観光地は結構いるのですが、写すには難易度高く挨拶
程度にしか会えませんでした。一部のツアーでも紹介されて
知名度は上がり、以前よりはバーダーも見かけますが、満足
行く写真は撮れているのかな・・・
来月にはリリース予定です(チョッと大袈裟やねー)
 で、今回はこの時期初めて撮れたウソです。鳴き声は聞く
のですが撮れたのは初めて。証拠写真ですが嬉しい。
a0143780_13304545.jpg
冬場に地元で会えるウソは亜種?のアカウソが多いのですが、
この子はウソらしいウソですね。
 かなり距離のある渓流の岩場をチョロチョロと動いていた
ので???コマドリ?と思い確認するとウソのペアでした。
この後水浴びをしたのですが、手前の枝で見事にブラインド
、残念!♀も写せずでした。
a0143780_13310816.jpg
赤い子も夏の大きな課題ですが、他にもう一つ。
今年こそトケン類を写すぞ!と意気込んで夏に突入したのですが、
全く不調です。我が家でも例年良く鳴くホトトギスですが、数回
山鵜女、山鵜娘2号が聞いただけで、山鵜は聞かずじまいです。
ホトトギス、ツツドリ、カッコウ、ジュウイチ、セグロカッコウ
と一通りの鳴き声は聞きましたがシャッターゼロです。
今年はストレスの溜まる鳥見が続いております。

by yamau-f | 2017-06-27 20:29 | ウソ | Comments(0)