山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

これはこれで

野生とは・・・
そんな難しい話はさて置き、今回もシマフクロウに会いに
行ってきました。ここは、温泉も食事もナイス、加えて
シマフクロウにも会えるポイント(?)なのでお気に入りです。
 前日は氷点下20℃を超える寒さで、北海道を体感したのですが
滞在中は豪雪の名残、極寒、猛吹雪、快晴、全てを満喫させて
もらいました。
a0143780_20530541.jpg
今回は前回会った個体とは違うようで、当年生まれの若だとか?
違いは判りませんが、個体は間違いなく違うようです。
繁殖しているという事であれば嬉しい話ですね。
 少し遠く、暗いのですが山鵜としては枝どまりの出会いは
うれしいです。

a0143780_20533586.jpg
昨年も同じような写真がありますが、同じ場所ですから(笑)
フクロウの種類はアオバズクもコミミズクも同じですが
表情が色々と有るので面白いですね。
 特にシマフクロウは大きいと言うか、デカいので尚更です。
a0143780_20544219.jpg
a0143780_20543093.jpg
めったに見られないオトボケ顔のシマフクロウ、本人は
とぼけているのではなく、怯えているか怒っているか、
驚いているのでしょうが分かりません。
 この時はサービスが良く、何時もはパッと来てパッと
飛んでいくので慌てて撮るのですが,今回はサービスが
良すぎでした。お蔭で、慌てて撮った前半写真はほとんど
没に。やはり太陽光での写真の方が良いですね。
ラッキーでした。
a0143780_20540254.jpg
a0143780_20534798.jpg
いい塩梅に雪もチラつき演出してくれました。
シマフクロウシリーズは続編を予定しています。
なぜか?
他にネタがないので許してください。



by yamau-f | 2017-01-25 21:01 | シマフクロウ | Comments(4)
Commented by aosagi at 2017-01-27 23:14 x
氷点下20゜以下の極寒に猛吹雪とは道南と全然違いますね。
現地の人はともかく,耐えるバーダーは凄いです。

シマフクロウはやっぱり貫禄がありますね。何度見ても良いです。
Commented by yamau-f at 2017-01-28 09:57
aosagiさん、おはようございます。
道南と道東では数百キロ離れているので北海道という括りで話すのは無理があるかもしれませんね。何よりも道東は年末の日が暮れるのが早すぎます。昼過ぎには夕方の気配でした。
シマフクロウ、兎に角大きいですね。
おっしゃる通り何度有ってもいいものです。
ここにはシマエナガも沢山やって来てましたよ。
Commented by 道東のジムニー at 2017-01-28 16:49 x
うっ、羨まし過ぎるぅ~
私はその温泉でシマエナガの他にヤマゲラやクマゲラも見る事ができました。でもシマフクロウをそんなに近くで見る事は叶いませんでした。山鵜さんの得意なヤマセミは夕方になると飛び回っていましたよ(^^
また今冬はエゾフクロウに出会う機会が極端に少なかったです。
シマフクロウの続編を楽しみにしています。
Commented by yamau-f at 2017-01-28 23:19
道東のジムニーさん、こんばんは。山鵜です。
シマフクロウは何度見ても神々しいですね。
ただ、エゾフクロウには見事に振られました。
今後の課題です。
山鵜はクマゲラもヤマゲラも未見、まだまだ道東のジムニーさんの足元にもおよびません。
ユキホオジロの方が数万倍羨ましいですよ。
ヤマセミが得意?いえいえまだまだ修行中です。これからがヤマセミも面白いシーズンですね。お互いに頑張りましょう!