山鵜の野鳥草子

yamauf.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タマシギちゃん危機一髪

今年はタマシギ運が悪く諦めかけていた出会いですが
鳥友さんと鳥見大先輩のおかげで何とか出会うことができました。
この子を見つけると何時間も粘ってしまう、どちらかというと
マナーの悪いバーダーかもしれません。山鵜は・・・
長い時間粘っていると色々な場面に出会うことがありますね。
何年か前に、イカルを撮っているとモデルのイカルが目の前で
ハイタカの餌食になったことも。
 こういう場面は見ることができても中々撮ることは難しいですね。
a0143780_21114591.jpg
のんびりとペアのタマシギが畦で寛いでいました。
山鵜としてはもう少しポーズを取ってもらいたかったのですが
一向に動く気配がありませんでした。
と、その時
a0143780_21151252.jpg
突然背後からイタチが突入!
伸びをしていた♂タマは危機一髪で難を逃れました。
カメラを覗いていた山鵜には♂が餌食になったように
見えたのですが、写真以上にギリギリでした。
ただ、そばにいる♀が結構平気なのにビックリです。
a0143780_21193853.jpg
こんなことがあっても遠くに飛んで行くわけでもなく
少し離れたところに移動するだけです。
見るからにイタチには水深が有り過ぎ、タマシギには
それが分かって居るのかもしれませんね。
a0143780_21264720.jpg
ずぶ濡れのイタチも必死なのでしょうが、お願いだから
タマシギはやめて!ムクドリにして!(ムクドリごめん)!
という気持ちでした。
バーダーの風上にも置けないやつですね、山鵜は。
でも本当にそう思ってしまいました(汗)
別に間一髪の目にあっても移動することもなく
畦で寛いでいたペアが水の中に入ってくれたので
それはそれでイタチ!ありがとう!
(山鵜、鳥に例えると風見鶏かも)
a0143780_21314798.jpg
安全と思われた水の中でしたが・・・
またまたペアが横っ飛び!またしても間一髪!
いや、二回目なので間二髪!(意味不明)
今度は♀にアタックです。
a0143780_21341824.jpg
こちらはひやひやして見ていましたが
慣れているのか、結構余裕で往なしているようにも
見えました。
ただ、これは水の中での戦い、イタチには大きな
ハンディーキャップです。これが水の無い場所、
抱卵中、育雛中となると話は別です。
この時、同じ田んぼには既に成鳥間近の若鳥が3羽
居たのですがこの時は無事だったようです。
a0143780_21384414.jpg
ボケボケ、ブレブレの写真ばかりで掲載を躊躇したのですが
記録としては面白いかなと思い記事にしました。
今年は昨年と違い残暑が猛烈に厳しく、台風が東北や
北海道に上陸する珍しい年になりました。台風に慣れていない
地域の皆さんには本当に試練ですね。
山鵜、傷ついたリンゴ食べますから!






by yamau-f | 2016-08-30 21:47 | タマシギ | Comments(4)
Commented by aosagi at 2016-09-11 21:30 x
何処のタマチャンも苦労していますね。
花絡みのタマシギ親子もやっと顔を見せました。
Commented by yamau-f at 2016-09-11 22:20
aosagiさん、こんばんは。
今年の花タマは賢く、見学者を味方につけているようですね。
さすがのイタチも近づけないでしょうね。
今日、山鵜も頭をなでてあげました(汗)
Commented by Lucky Bird at 2016-09-12 12:29 x
先日は、お疲れ様でした。

昨年と同じお花畑で、これまた偶然にお会いしましたね。
撮影に集中しすぎちゃって、先にお声かけてもらい申し訳ございませんでした。

この場所にも数回足を運んでおりましたが、やっとこお目見え^^
程なく、楽しませてもらいましたよ。
Ps.あの後、別のお花畑で6時過ぎまで頑張っておりましたよー
鳥果は、それなりに・・・と言ったところでしょ~か(∩.∩)


Commented by yamau-f at 2016-09-13 15:44
Lucky Birdさん、こんにちは。
一年に数回お会いするかどうかですね。
いつも素敵な作品を拝見し、参考にさせて頂いていますが中々思うようには、、、
また色々とアドバイスよろしくお願いしますね!